製品一覧

型久堂は主にピストン式充填機の製造・製品開発を行っております。
生地へのストレスを少なくし、液体から粘体まで幅広く定量充填するにはピストン式が最も優れた充填機になります。
また大型ラインへの組み込みなどご要望に応じて様々なカスタマイズも可能です。
充填についてお困りのことがございましたお気軽にお問い合わせください。

あらゆる充填機の中で、もっとベーシックなモデルです。汎用性が高く、水分が多くサラサラとした生地から粘度の高い生地まで幅広い特性の生地を充填可能です。移動しやすい脚付モデルと、省スペースの卓上モデルがあります。

ピストン式定量充填機としての機能はベーシックモデルと同じですが、最大の特徴はワイドバルブ(大口径)であることです。吸い込みにくい生地や粒あんなどストレスに弱い生地などをスムーズに扱うことができます。

ホッパーなど生地に触れる部分の素材がステンレスではなく樹脂製となっているのが特徴の、ピストン式定量充填機です。熱伝導性の低い素材を用いることで結露の発生を抑え、衛生的な環境を保持します。特に高い衛生管理が求められるアイスクリーム系の工場での使用に適しています。またナッツやクッキー・フルーツの入った生地も潰さずに充填が可能です。

天板が自動的に移動するピストン式デポジッターです。天板を動かす必要がないため、その分の省人化が可能になります。点絞りだけでなく、エクレアやパリブレストの充填成型が可能な機種もあります。

充填ヘッドを交換すると4列~6列の充填が可能になる多連タイプのデポジッターです。生産力が高く、大量生産に適しています。プリンのような液体から、シュー生地のような粘体まで様々な充填が可能です。カスタマイズでお客様のラインに組み込むことや、7列以上の多連式に対応することも可能です。

ホールケーキやアイスケーキのナッペ作業を自動化します。手作業によるナッペ作業を自動化出来るため省人化メリットがあります。

羊羹やゼリーなどをフルラインでパッケージングまで全工程をおこないます。外箱の自動投入やベルトコンベアとの連動、自動折、賞味期限印字などご要望に応じでカスタマイズが可能です。オールステンレス採用により衛生面でのリスクも軽減しています。

凸版印刷「チューブなパウチ」の充填~シール~取出しまで自動化が可能です。

ターンテーブル式による羊羹やゼリーの自動充填シール機です。コンパクトな設計になっており、省スペースでの設置が可能です。一人で充填からシールまで対応することが可能です。

最大の特徴は2連式になっていることで、これにより2種類のクリーム充填が可能になります。カスタードクリームと生クリームの同時充填といった用途に最適です。1種類の充填も可能です。

最中やどら焼きなどサンド(挟む)によって製造する菓子類への充填機です。サンド側から受けに行く機構を採用することにより、充填する内容物を期待通りに成型をすることが難しいという課題を解決しています。/p>

そぼろあん、スイートポテトといった素材の裏ごしを自動化します。手作業による裏ごしを自動化できるため、人員削減メリットがあります。

製品に対するチョコレートのエンロービング(コーティング)をおこないます。コーティングだけでなく上掛け、下掛けも可能です。

チョコレートのエンロービング(コーティング)を行った後、冷却するための機械です。クーリングトンネルを使用することで冷却時間が短縮され、生産能力が上がります。

アイスなどを充填した後、カップの打栓を行います。打栓機を使用する事で衛生的です。